乾燥プルーンを毎日摂取して、頑固な便秘を解消しよう

便秘の解消には、さまざまな方法があります。 人によって便秘の原因は異なりますし、その時の体調によっても一番適した対処法は異なるでしょう。 一つ二つの方法で便秘が防げるわけではなく、一つでも多くの便秘解消法を知ることによって、 その時の便秘に合った対処法で、便秘を改善していくのが効率的です。

今回は、乾燥プルーンを毎日摂取することにより、便秘を改善する方法をご紹介します。 プルーンは便秘に大変よく効きますが、腸の調子によっては、この方法がベストとは限りません。 さまざまな便秘解消法のひとつとして、プルーンの効果を体で覚え、 プルーンの摂取で便秘解消の効果が出そうなときには、ぜひ続けてみていただきたいと思います。

プルーンに含まれる繊維質について

乾燥プルーンが便秘によく効く理由のひとつは、豊富な食物繊維にあります。 プルーンを乾燥させることにより、生プルーンよりも5倍程度、 食物繊維が増えることにより、便秘への効果が期待できます。

また、乾燥プルーンの食物繊維には、不溶性、水溶性、どちらもバランスよく含まれています。 不溶性の食物繊維は、腸内で食べ物と一緒に運ばれるため、腸内で便が滞ってしまわないよう、 便の働きを助けてくれます。 水溶性の食物繊維は、腸内環境を整える働きがあるため、腸を元気にする作用があり、 便秘を改善するために欠かせません。

食物繊維は、いろいろな種類の食物から、不溶性、水溶性、 どちらも摂取していく必要がありますが、プルーンの場合はこのどちらとも含まれているため、 毎日乾燥プルーンを食べることを習慣づけることで、手軽に便秘の改善していくことができます。

乾燥プルーンに含まれる糖質、ソルビトールについて

ソルビトールは糖アルコールの一種で、おだやかな甘みがあります。 人工甘味料として幅広く使われているので、聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。 乾燥プルーンの甘みは、天然のソルビトールによるものです。 実はこのソルビトールは「下剤」の役割を果たすほど、緩下剤的な効果があると言われています。 ソルビトールという下剤があるくらいなので、プルーンの甘みが便秘に直接的な効果をもたらすことが、 食べていて実感できるのではないかと思われます。

プルーンは適量を食べることにより、便秘に効果がありますが、腸内の状態によっては、食べ過ぎて 便がゆるくなり過ぎるので、注意が必要です。 その時の体調や、食事の内容に合わせた量で、プルーンを摂取するとよいでしょう。

美味しい食べ方

乾燥プルーンは乾燥レーズンより大きさがあり、それなりの固さがあります。 一番手軽でおすすめの方法は、プレーンヨーグルトに半日くらい漬け込むことです。 プルーンがヨーグルトの水分を吸ってやわらかく戻り、ヨーグルトもプルーンの甘みで美味しく食べられます。 他には、刻んでジャムにしたり、ベイクドケーキの具として加える方法もあります。 ヨーグルトの買い置きがないときには、乾燥したプルーンをそのまま食べるのもおすすめです。
参考:美味しいプルーンで便秘を治しましょう

このページの先頭へ