便秘改善は酵素食品にプラスこれを食べよう!

便秘の改善には、発酵食品が必要です。 しかしヨーグルトやキムチを食べてもなかなか改善しない方は、食物繊維が足りていないことが多いです。 また乳酸菌やビフィズス菌は、食物繊維を発酵させて悪玉菌を増やすのを抑えてくれます。 ビフィズス菌を成長させるのはオリゴ糖です。 発酵食品にプラスしてほしいのが、食物繊維、ビフィズス菌・乳酸菌、オリゴ糖です。

食物繊維

食物繊維は、大腸をきれいにしてくれて血糖値を急激に上がるのを抑えてくれます。 水溶性の食物繊維はコレステロールを吸着して体の外に出してくれます。 不溶性食物繊維は、腸の運動を促進させて便通を促してくれます。 便秘改善のためには、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維と両方とる必要があります。 水溶性食物繊維が多い食品が、オクラ、きのこ類、海藻類、やまいも、ごぼう、納豆です。 ネバネバ系と海藻が多いですね。

発酵食品であるおみそ汁の中に、オクラやきのこ、やまいもを入れるとベストです。 納豆は大豆食品なので、女性ホルモンのバランスを整えてくれて自律神経を安定させてくれるので便秘には最適です。 不溶性食物繊維は、いんげん、おから、切干大根などです。 切干大根やひじきは、乾燥の物を売っているので日持ちがします。

オリゴ糖

オリゴ糖は、玉ねぎ、バナナ、ハチミツに多く含まれています。 ハチミツとバナナ入りのヨーグルトは、発酵食品とオリゴ糖を同時にとれます。 これに食物繊維が多いりんごやアボカドを入れるともっと効果が上がります。 たまねぎは抗酸化作用が強いので、野菜炒めに入れたり煮物に使ったり 洋風スープに使ったり、日常のメニューに入れましょう。 生でサラダとして食べる女性も、増えているようです。

ビフィズス菌・乳酸菌

ヨーグルトが代表的な食品です。 しかし食べすぎるとカロリーオーバーになるので、1日200グラムくらいが理想です。 糖分脂肪分が入っていない商品を、選びましょう。 健康のためには、ヨーグルトだけを食べて安心しないで、バランスよくいろいろな食材をとることが大切です。

運動もしよう

便秘改善のために、食事をしっかりと気をつけても運動不足だと便秘になりやすいです。 ウォーキングやラジオ体操が苦手な方も、家の中でできるだけ体を動かしても大丈夫です。 テレビを見ながらストレッチをしたり、その場で足踏みをするだけで代謝がいい体になります。 無理をしないで継続することを考えましょう。 ストレス解消のために、ときどきはデザートもOKですよ。

このページの先頭へ